2017年7月3日(月) 櫻井哲夫

ブログ画像01

5/3(水・祝) 前売チケット一般プレイガイド発売開始です。
   
櫻井哲夫 [ex.カシオペア〜JIMSAKU]
“Nothin’ but the Bass 2017″
~DVD『密着365日』& WARWICK シグネチャーモデル完成記念~
7月3日(月) 高松オリーブホール
開場18:00/開演19:00
前売¥3,500/当日¥4,000 (D別) 全自由席
5/3(水・祝) 前売チケット一般PG発売!
ローソンチケット Lコード→61403
d-ticket→https://www.ticket.ne.jp/dticket/
店頭販売:Hit’s/OliveHall/DUKEショップ全店
   

櫻井哲夫
     
1976年~1989年「カシオペア」、1990年~1998年 「JIMSAKU」のメンバーとして活動。全国各地と世界約20ヶ国で公演。
1999年以降ソロ・アーティストとして、独特の暖かさや激しさを持つオリジナル曲とベース・プレイで国内、海外に活動の輪を広げる。
リーダー活動は、ソロ・ライブ、櫻井哲夫バンド、Jacoトリビュート・ライブ。Projectとして、
アメリカのDennis Chambers, Greg Howeとの “GENTLE HEARTS”、ブラジルのDjavan, Ivan Lins, Rosa Passos,
Filo Machado達との “BRASIL CONNECTION” など、海外アーティストと共演も多く、国際ジャズフェスティバルにも多数出演。
その他、Bob Jamesのアジア・ツアー、梁邦彦、川口千里、世良公則&Guild9のサポート等。
後進の育成として、昭和音楽大学とMESAR HAUSで講師を務める。
ドイツのWarwick Bass Camp 2015&2016(1週間の合宿セミナー)にインストラクターとして参加。
ベースという楽器を使って自己実現を追求。人の心に響く音楽活動を生涯のテーマとしている。
     
1979年レコードデビュー以来、ソロアルバム13枚、バンドで35枚、4本の教則DVD(VTR含む)、7本のライブDVDをリリース。
最新作は、2015年、亀田誠治プロデュースの13th ソロアルバム『Nothin’ but the Bass』
(ゲスト:Nathan East、亀田誠治、Kenken、沖仁、Shiho(Fride Pride)、土屋アンナ)が発売中。

CATEGORIES: blog | Comments (0) | Trackbacks (0) | 2017.05.01/12:30 | yamazaki 

この記事にコメントする

trackback URL